2012年09月29日

スパイスモデルの情報流通に必要なファイル形式


電子部品のスパイスモデル情報流通(ファイルの種類) 

スパイスモデルを情報流通させるのに必要なファイルは2種類です。


スパイスモデルのファイル
回路図シンボルのファイル

スパイスモデルについては、ある程度の互換性がありますが、回路
解析シミュレータにより相性があります。LTspiceとPSpiceは互換性
が良いです。一番、互換性が悪いのが、MicroCapとSIMETRIXです。

最悪、スパイスモデルが情報流通されていれば問題はありませんが、
ユーザーが回路図シンボルを準備する必要性があります。

回路図シンボル作成は、必要不可欠ですが、工数ばかりかかり、
生産性の無い業務です。この回路図シンボル作成は面倒です。
回路図の図形とPIN属性を正確にスパイスモデルと関連付けしなけ
ればなりません。当然、検証が必要になります。

回路解析シミュレータにより、拡張子が違います。

上記の資料をご参照下さい。
[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com


同じカテゴリー(生活)の記事
定款変更案を考える
定款変更案を考える(2012-11-29 08:57)

nexus 7 開封
nexus 7 開封(2012-10-21 17:54)

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 00:39│Comments(0)生活
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。