2011年02月09日

hFEのクラス品のスパイスモデルについてのメモ

トランジスタにはhFE特性にて、クラス品を準備している半導体メーカー
が多い。その為、自分が採用するスパイスモデルについても型名が同じ
でもクラス品が同じであるかどうかを確認しなければ、異なる増幅度の
シミュレーションになってしまい、解析が実機と異なる場合が多い。

Ic-hFE特性によって異なる点は、この特性に関与するモデルパラメータ
を変更すれば良い。

一般的な事例は下記のスライドの通りです。



実際に最近、行った事例だとそれ以外にも影響するモデルパラメータがあった。
ここでのトランジスタのスパイスモデルの種類は、Gummel-Poonモデルである。

忘れないように記録(MEMO)に残す事にする。やはり、ある程度の体系化は出
来るが、ケース・バイ・ケースだと実感した。



これからも気がついた点を「デバイスモデリング・メモ」に残していきたいと
思う。そうすれば、知識データベースにも自然となると思う。


同じカテゴリー(研究開発)の記事
Posted by ビー・テクノロジー at 19:03│Comments(0)研究開発
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。