2011年01月19日

コイルの直流重畳特性モデルの事例



コイルのモデルには大きく分けると2つのスパイスモデルの種類があります。

周波数モデル

直流重畳特性モデル

上記の2つのモデルです。上記の事例でありますデバイスモデリングレポート
は、直流重畳特性モデルであり、直流重畳特性に再現性があります。

回路上において直流重畳特性の影響を考慮したい場合には、
「直流重畳特性モデル」を採用し回路解析シミュレーションを実行して下さい。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com


同じカテゴリー(製品)の記事
Posted by ビー・テクノロジー at 19:17│Comments(0)製品
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。