2011年01月17日

ショットキバリアダイオードの逆特性

ショットキバリアダイオードの大きな特徴は、ダイオードとことなり、
逆特性のIR値が大きいと言う事です。ダイオードのパラメータモデル
の場合、逆特性は降伏点のみであり、大きな特徴であります逆特性が
表現出来ません。

降伏点は、モデルパラメータBVとIBVで表現されています。つまり、
降伏点の座標です。

実際には、カーブを描きますので、過渡解析にて損失計算をすると、
大きな誤りになりますので、注意が必要です。

その逆特性に確度を持たせるためには、等価回路モデルが必要です。

下記に1つの事例を示します。

逆特性の再現性について確認出来ます。



また、下記のモデルは、ダイオードモデルをショットキバリアダイオードに
代用した「スタンダードモデル」でありますので、逆特性には再現性はありません。



スタンダードモデルにて、再現性がある項目は、

順方向特性
容量特性

の2つの特性になります。

また、上記の2つのスパイスモデルは、スパイス・パークにて、無料提供しております。

スパイス・パークより、ダウンロードを行い、試してみてください。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com


同じカテゴリー(製品)の記事
Posted by ビー・テクノロジー at 13:45│Comments(0)製品
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。