2010年12月12日

水晶振動子のシミュレーションについて



水晶振動子のデバイスモデリングの手法は、周波数特性の測定データ
から等価回路に落とし込みます。等価回路はその特性にあったものを
採用し、最適化のツールを活用して、パラメータ値の確度を向上させて
いきます。

上記の対象デバイスは、大真空のAT-49の12MHzになります。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com


同じカテゴリー(製品)の記事
Posted by ビー・テクノロジー at 10:40│Comments(0)製品
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。