2010年10月28日

[Diode]パラメータモデルの抽出 逆回復特性(Trr)





逆回復特性の抽出画面である「Reverse Recovery」を選択します。そうすると、
trrの値と測定条件を入力します。

IF
IR
RL

上記の測定条件からIFIR法である事が分かります。

つまり、IFIR法しか対応していないと言う事です。この抽出により、モデル・
パラメータTTが算出されます。

ダイオードの測定条件を見ると、パワーエレクトロニクスの場合、ほとんどが、
電流減少率法です。

その場合は、電流減少率に対応したスパイスモデル(等価回路モデル)を採用
する事になります。

IF=IR

の法が正しい抽出が出来ます。

今回の場合、データシートの値を採用します。

trr=50nsec

IF=0.5A

IR=1A

RL=50

です。PSpice Model Editorは現在のバージョン(R16.3)では、RLの値は、
考慮されていません。50オームでも100オームでも同じです。

オペレーションの流れは、Youtubeの動画をご参照下さい。

TTの値は決まり次第、FIXさせます。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com


同じカテゴリー(製品)の記事
Posted by ビー・テクノロジー at 19:08│Comments(0)製品
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。