2010年09月27日

国産のSiCショットキバリアダイオードについて

2010年9月27日現在の国産におけるSiCショットキバリアダイオードについて
の状況が明確になりました。仕事でCreeのSiCショットキバリアダイオードを
取り扱っております。国内の半導体メーカーもサンプル出荷のニュースを大きく
公表しております。

そこで、サンプルを要求しました。

要求した半導体メーカーは3社です。

ローム:いつも早い対応でした。ありがとうございました。

新日本無線:量産化が上手くいっていないため、サンプル提供は出来ない
とのこと。

新電元工業:量産化が上手くいっていないため、サンプル提供は出来ない
とのこと。サンプル出荷は2010年12月からの事です。

つまり、国内の半導体メーカーでSiCの具現化が一番、早いのがロームと
言う事になります。

よって、業務で使用できるデバイスはロームのみとなります。


同じカテゴリー(市場開発)の記事
Posted by ビー・テクノロジー at 12:32│Comments(0)市場開発
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。