2010年09月24日

DF2B6.8FSを挿入したアイパターンシミュレーション



USB2.0の差動信号に東芝セミコンダクター社のESDデバイスであります
DF2B6.8FSを挿入し、アイパターンのシミュレーションをPSpiceで行い
ました。シミュレーション時間も動画の通り、殆どかかりません。

DF2B6.8FSは、等価回路モデルのスパイスモデルを採用しました。

アイパターンのPSpiceでの表示の方法は、Bee Style: vol.018で紹介
しています。簡単なマクロのコードを描くだけで、アイパターン表示を
させることが出来ます。

FFT解析のように、1クリックで簡単に表示できれば便利なのですが、
次回のPSpiceのバージョンアップに期待しましょう。

現在、このシミュレーションをLTspiceで動作可能かどうか検討中です。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com


同じカテゴリー(研究開発)の記事
Posted by ビー・テクノロジー at 15:23│Comments(0)研究開発
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。