2010年07月20日

USB2.0の差動伝送回路シミュレーション



USB2.0のアプリケーション回路(周辺回路)、そして、USB3.0のシミュレ
ーションからのアプローチを検討しております。これらについては、先ず
はPSpiceでUSB2.0の差動伝送回路を等価回路を組み立て、DUTに相当
する部分を確保し、信号処理を考えていきます。

先ずは、等価回路でのUSB2.0の差動伝送回路シミュレーションです。過渡
解析での波形表示が上記の写真になります。次のステップはは表示をアイ
・パターンの表示にします。


同じカテゴリー(研究開発)の記事
Posted by ビー・テクノロジー at 11:10│Comments(0)研究開発
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。