2010年05月10日

等価回路技術の啓蒙

デバイスモデリング技術者を育成するときのステップは2つある。既存のデバイスモデル(パラメータ・モデル)のパラメータを抽出するモデリングです。これは、比較的容易であり、電子工学出身者であれば、こなせると思います。測定技術と半導体物性と電子回路の技術が必要です。

3年程度の実務経験で実務者になれます。その次のステップには大きな壁があります。

等価回路モデリングが出来るかどうかです。当社の技術者もこの大きな壁が超えられず、去っていった技術者も数多いです。等価回路とは、ある電気的な動作を回路図で表現した図です。豊富な知識と場数、経験が必要です。それと発想力です。

顧客を通じて簡単な等価回路がつくれるようになりたい。と言う技術者は多いです。そこで現在、準備しているのが、「等価回路モデリングの基礎セミナー」と言うものです。昨日から、夜な夜なプログラムを考えています。センサーのデバイスモデリングは、等価回路モデルになりますので、センサーを題材に考えています。開催日は2010年6月9日です。完成するまで、夜な夜なが続きそうです。


同じカテゴリー(営業)の記事
Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 18:00│Comments(0)営業
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。