2015年03月24日

トランジスタの接合容量特性シミュレーション手法




LTspiceを活用したトランジスタの接合容量特性シミュレーション

のコンテンツです。上記のスライドをご参照下さい。


接合容量特性シミュレーション結果は、標準ノードでは、Traceが
出来ません。




CV特性を表示する関数をTraceで入力する必要があります。



また、上記のスライドでご紹介しているLTspiceのデータ一式は

こちらからダウンロードできます。



データの公開は1週間程度です。必要な方は、お早めに

ダウンロードして下さい。



ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。


同じカテゴリー(研究開発)の記事
Posted by ビー・テクノロジー at 11:37 │研究開発