2013年07月12日

リチウムイオン電池のデバイスモデリングセミナー

二次電池のアプリケーション回路の開発は、回路実験に工数が
かかり、困難です。回路解析シミュレータを 活用する事で、
試作前に、多くの検証ができます。また、安全設計も実現できます。

そこで必要になるのが、リチウムイオン電池のSPICEモデルです。
リチウムイオン電池のSPICEモデルはほとんど流通がなく、入手

が困難です。そこで、リチウムイオン電池のSPICEモデルの作成
方法を習得し、自分で作成することができる体験型セミナーです。



体験学習を通じて、リチウムイオン電池のSPICEモデルの作成
方法を学習します。デバイスモデリングを体験し、 評価方法
(充電特性シミュレーション及び放電特性シミュレーション)を習得します。



【対象者】

・二次電池のアプリケーション開発に携わっている方

・デバイスの等価回路モデリングについて習得したい方

・リチウムイオン電池のSPICEモデルを活用して回路解析
                シミュレータで回路設計を行いたい方

・リチウムイオン電池の安全設計に携わっている方



【開催日時】2013年8月8日(木)13:00-16:30

【開催場所】マルツメイク館(東京都:秋葉原) 

  場所情報1  http://www.marutsu.co.jp/akihabara2go/access.html

  場所情報2  https://www.marutsu.co.jp/user/akiba2go_iten.php

【参加費用】10,000円(税込み) お申し込みは下記のURLからお願い致します。

                              https://contact.marutsu.co.jp/system/seminar/



【セミナー内容】

1.リチウムイオン電池の概要

2.リチウムイオン電池の等価回路モデルの概要

3.タイムスケール機能について

4.SOCについて

5.リチウムイオン電池のデバイスモデリング

6.充電特性シミュレーションの方法

7.放電特性シミュレーションの方法



【持参物】

LTspiceをセットアップしたノートPC

(LTspiceのダウンロード先:
       http://www.linear-tech.co.jp/designtools/software/)



株式会社ビー・テクノロジー

http://www.beetech.info/

お問い合わせは下記のURLからお願い致します。

http://ow.ly/mTiBm






同じカテゴリー(営業)の記事
Posted by ビー・テクノロジー at 16:19 │営業