2015年01月30日

SPICEを活用した電源回路シミュレーションセミナー


[無償セミナー] SPICEを活用した電源回路シミュレーションセミナー開催します。


●講   師:堀米 毅 氏

●日   時:2015年2月18日(水)

●開   場:13:00

●開   始:13:30~

●終   了:15:30(終了時刻は前後する場合がございます)

●開催 場所:マルツエレック本社

      千代田区外神田5-2-2 セイキ第一ビル7F

【MAP】




●料   金:無償(お名刺の交換とアンケートのご記入をお願いしております)

●定   員:7名


———————————————–


●概要:

電源回路を対象にSPICEの活用方法を解説致します。

回路設計品質向上、回路設計の効率化に役立つSPICE活用方法のポイントをケース・スタディで説明していきます。

皆様のご参加、お待ちしております。


●対象者:

・これからSPICEを活用して電源回路設計をしたい方

・回路方式の検討にSPICEを活用したい方

・過渡解析だけではなく、位相余裕度解析を行いたい方


・回路設計の設計品質を高めたい方

・SPICEをもっと活用したい方


●内容:

1. 回路方式(トポロジー)検討時のSPICE活用方法

1.1 降圧回路

1.2 昇圧回路

1.3 昇降圧回路

1.4 PFC回路

1.5 アベレージモデルの活用


2. 詳細設計時のSPICE活用方法

2.1 DCDCコンバータによる昇圧回路

2.2 擬似共振電源回路


3. 質疑応答


●持参物

・特にございません。


———————————————–


●お申し込み方法


必要事項


(ご希望の講座名と開催日・参加者のお名前・住所・電話番号・eメールアドレス)

を下記いずれかの方法でお知らせください。


・下記「お申込みはこちらをクリック!」ボタンより申し込みフォームへリンクします。

ご希望の講座を選択して必要事項をご記入・ご確認のうえ送信して下さい。

ご記入いただいたメールアドレスへ自動送信にて確認メールが送られます。

お申し込みはこちら!



・お申し込みフォームがご利用になれないお客様は

メール <makelab@marutsu.co.jp> またはFAX:03-5289-0003まで

上記必要事項を明記して送信してください。

折り返しメール等にて受付確認のご連絡を差し上げます。


●ご連絡先

marutsu make lab[マルツ秋葉原2号店]

TEL :03-5289-0002

FAX :03-5289-0003

MAIL:makelab@marutsu.co.jp

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 13:10営業

2015年01月15日

PSpiceユーザーが気をつけること








2014年は、トランジスタ技術において数多くのLTspiceが紹介され、

事例が多く流通しました。ここでいう事例とは、等価回路モデル及び

シミュレーションファイル一式のデータです。



シミュレーションの回路図のファイルはフォーマットが異なるので

PSpice上で新規に回路図のファイルを作成しなければなりませんが、

SPICEモデルは親和性が良いので活用されているPSpiceユーザー

は多いです。



1点、気をつけなければならない点は、LTspice独自の素子である

BV,BIにて構成されている等価回路モデル(デバイスモデル、回路モデル)

はPSpiceでは読み込むことが出来ません。



よって、BV,BIをPSpiceのABMライブラリーの素子を活用し、

移植する必要があります。また、文法(記述方法)も若干、異なるので、

注意が必要です。



PSpiceユーザーもLTspiceのコンテンツが再利用できれば、

業務上効率が高まります。



上記に注意してLTspiceの数あるコンテンツを活用してみてください。



ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  
タグ :PSpice

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 18:21必要なスキル

2015年01月15日

ABMによる遅延回路の表現

本日は、ABM(Analog Behavioral Modeling)による遅延回路の表現方法のご案内です。

回路解析シミュレーションをする場合、必要なデバイスのSPICEモデルを準備する
必要があります。その際に必要なデバイスについてモデリングをする必要があります。

このモデリングは、モデルベース開発には必須の技術であり、必要なデバイスに
ついて等価回路化を行い、SPICEに実装します。これらの手法を用いた開発を、
モデルベース開発と言います。プロトタイプの早期実現に貢献します。

ラピッド・プロトタイピングという言葉が最近良く使われます。モデルベース開発
がキーワードになります。

デバイスモデリングは、素子レベルから回路レベルまで様々であり、
デバイスモデリングの 手法で応用性があるのは、ABMを採用したモデリングです。
これは、システムレベルからブロックレベルまで再現でき、自由度の高いモデリング
です。

ABMを理解することでモデルベース開発に必要なデバイスモデリング技術が向上します。

今回のABMは遅延表現に必要不可欠なELAPLACEを学習します。これはPSpiceの場合ですが、
LTspiceの場合、BV素子にて定義する必要があります。

BV素子を活用する事で、遅延回路を表現できます。BV及びBI素子はLTspiceの独自の素子
であり、LTspiceにおけるABMの中心的な存在です。

これで表現された等価回路モデルについては、PSpiceにて活用することは出来ません。

よって、ABMレベルでの移植が必要になります。

遅延回路は等価回路モデリングに良く採用される回路ブロックです。
遅延回路は伝送線路モデルにて表現することも可能です。

解説書と体験できるLTspiceのシミュレーションデータをご提供しています。
配布期間につきましては、不定期なため、お早めにダウンロードして下さい。

ビー・テクノロジーのトップページにて配信中です。

http://www.beetech.info/

また、解説書のみ必要な方は下記のURLよりダウンロードできます。

http://ow.ly/HlLfU

是非、この機会にご活用下さい。

ビー・テクノロジー
http://www.beetech.info/

堀米 毅
http://tsuyoshi-horigome.jimdo.com/
  
タグ :ABM遅延回路

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 15:54研究開発

2015年01月14日

ABMによる遅延回路の表現方法について








回路解析シミュレーションをする場合、必要なデバイスのSPICEモデル
を準備する必要があります。




その際にモデリングをする必要があります。このモデリングは、
モデルベース開発には必須の技術であり、必要なデバイスに
ついて等価回路化を行い、
SPICEに実装します。




モデリングは、素子レベルから回路レベルまで様々であり、
デバイスモデリングの
 手法で応用性があるのは、ABM
採用したモデリングです。これは、システムレベルから
ブロックレベルまで再現でき、自由度の高いモデリングです。




ABMを理解することでモデルベース開発に必要な
デバイスモデリング技術が
 飛躍的に向上します。






今回のABMは遅延表現に必要不可欠なELAPLACEを学習します。


これはPSpiceの場合ですが、LTspiceの場合、BV素子にて定義


する必要があります。





遅延回路は等価回路モデリングに良く採用される回路ブロックです。


遅延回路は伝送線路モデルより表現することも可能です。





今回は、遅延回路の表現方法について学習します。




ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:52研究開発

2015年01月14日

ABMを活用した等価回路のコンテンツ配信のご案内

本日は、ABMを活用した等価回路のコンテンツ配信のご案内です。



回路解析シミュレーションをする場合、必要なデバイスのSPICE

モデルを準備する必要があります。



その際にモデリングをする必要があります。このモデリングは、

モデルベース開発には必須の技術であり、必要なデバイスに

ついて等価回路化を行い、SPICEに実装します。



モデリングは、素子レベルから回路レベルまで様々であり、

デバイスモデリングの 手法で応用性があるのは、ABMを

採用したモデリングです。これは、システムレベルから

ブロックレベルまで再現でき、自由度の高いモデリングです。



ABMを理解することでモデルベース開発に必要な

デバイスモデリング技術が 飛躍的に向上します。



ABMのテーマに応じて、コンテンツを配信しております。また、

コンテンツだけではなく、LTspiceのシミュレーションデータ

もダウンロード出来ますので、直ぐに確かめられ、

体験することができます。



現在、ビー・テクノロジーのトップページにて公開しております。

公開期間は1週間程度ですので、この機会にご活用下さい。



http://www.beetech.info/



今日現在では、



(1)ABM(Analog Behavioral Modeling)による加算回路の表現

(2)ABM(Analog Behavioral Modeling)による減算回路の表現

(3)ABM(Analog Behavioral Modeling)によるテーブルの表現

(4)ABM(Analog Behavioral Modeling)による伝達特性の表現



を公開中です。



今週、来週でABMを活用した等価回路モデル作成の基礎になる

コンテンツを配信していきます。



ビー・テクノロジー

http://www.beetech.info/



ビー・テクノロジーの2015年の目標について

https://www.slideshare.net/TsuyoshiHorigome/spice-43462565



堀米 毅

http://tsuyoshi-horigome.jimdo.com/





.  
タグ :ABM等価回路

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 13:43研究開発

2015年01月13日

2015年の目標 全ての現象をSPICEの世界へ




全ての現象をSPICEの世界へ from Tsuyoshi Horigome



ビー・テクノロジーの2015年の目標です。



堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 20:18経営

2015年01月13日

ABMによる伝達関数の表現方法について





回路解析シミュレーションをする場合、必要なデバイスのSPICEモデル
を準備する必要があります。




その際にモデリングをする必要があります。このモデリングは、
モデルベース開発には必須の技術であり、必要なデバイスに
ついて等価回路化を行い、
SPICEに実装します。




モデリングは、素子レベルから回路レベルまで様々であり、
デバイスモデリングの
 手法で応用性があるのは、ABM
採用したモデリングです。これは、システムレベルから
ブロックレベルまで再現でき、自由度の高いモデリングです。




ABMを理解することでモデルベース開発に必要な
デバイスモデリング技術が
 飛躍的に向上します。






今回のABMは伝達関数に必要不可欠なLAPLACEを学習します。



ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 19:23研究開発

2015年01月12日

ABMによるテーブル表記







回路解析シミュレーションをする場合、必要なデバイスのSPICEモデル
を準備する必要があります。




その際にモデリングをする必要があります。このモデリングは、
モデルベース開発には必須の技術であり、必要なデバイスに
ついて等価回路化を行い、
SPICEに実装します。




モデリングは、素子レベルから回路レベルまで様々であり、
デバイスモデリングの
 手法で応用性があるのは、ABM
採用したモデリングです。これは、システムレベルから
ブロックレベルまで再現でき、自由度の高いモデリングです。




ABMを理解することでモデルベース開発に必要な
デバイスモデリング技術が
 飛躍的に向上します。






今回のABMはテーブルの素子であるTABLEを学習します。



ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 15:55研究開発

2015年01月08日

減算回路の表現 PSpiceからLTspiceへ移植







回路解析シミュレーションをする場合、必要なデバイスのSPICEモデル
を準備する必要があります。




その際にモデリングをする必要があります。このモデリングは、
モデルベース開発には必須の技術であり、必要なデバイスに
ついて等価回路化を行い、
SPICEに実装します。




モデリングは、素子レベルから回路レベルまで様々であり、
デバイスモデリングの
 手法で応用性があるのは、ABM
採用したモデリングです。これは、システムレベルから
ブロックレベルまで再現でき、自由度の高いモデリングです。




ABMを理解することでモデルベース開発に必要な
デバイスモデリング技術が
 飛躍的に向上します。






今回のABMは加算回路の素子であるABM2を学習します。



ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  
タグ :減算回路

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 18:04研究開発

2015年01月08日

加算回路の表現 PSpiceからLTspiceへ移植







回路解析シミュレーションをする場合、必要なデバイスのSPICEモデル
を準備する必要があります。






その際にモデリングをする必要があります。このモデリングは、
モデルベース開発には必須の技術であり、必要なデバイスに
ついて等価回路化を行い、
SPICEに実装します。





モデリングは、素子レベルから回路レベルまで様々であり、
デバイスモデリングの

手法で応用性があるのは、ABM
採用したモデリングです。これは、システムレベルから
ブロックレベルまで再現でき、自由度の高いモデリングです。





ABMを理解することでモデルベース開発に必要な
デバイスモデリング技術が

飛躍的に向上します。







今回のABMは加算回路の素子であるABM2を学習します。



ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:50研究開発