2014年08月29日

デバイスモデリングセミナー(VDMOSモデル編)

●講 師:堀米 毅 氏
●開催日:平成26年9月24日(水)
●時 間:13:30~16:00(13:00開場)
●定 員:7名
●参加費用:10,000円(税別)
●開催場所:マルツエレック本社(東京都:秋葉原)
        〒101-0021 千代田区外神田5丁目2-2 セイキ第一ビル7F 

       
*セミナー終了後にアンケートのご記入をお願いしております。
 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

電源回路、インバータ回路におけるスイッチング素子で活躍するパワーMOSFETは、
アプリケーション回路には欠かせないデバイスです。LTspiceに格納されているパワーMOSFET
のSPICEモデルは限られており、自分が必要な型名のモデルは自分で準備する必要があります。
 LTspiceに格納されているMOSFETのモデルであるVD MOSモデルについての解説
及びモデリングについてご紹介します。体験学習形式でVDMOSモデルのデバイスモデリング
を行いながら習得していきます

【対象者】 
・LTspiceのMOSFETモデルであるVDMOSモデルについて理解したい方
・LTspiceのMOSFETモデルであるVDMOSモデルを作成したい方
・SPICEをもっと活用したい方 

【セミナー内容】 
1. LTspiceのMOSFETモデルであるVDMOSモデルとは
2. VDMOSモデル解説及びデバイスモデリング 2.1 静特性について
2.2 動特性について
2.3 ボディダイオードの特性について
3. MOSFET LEVEL=3モデルとの相違点について
4.質疑応答



回路シミュレーションでお困りの事がございましたら、弊社ウェブサイトで、ご相談の受付をしておりますので、お気軽にご相談下さい。
【回路シミュレーションサービスへのお問合せはこちらからどうぞ】


●お申し込み方法

 必要事項(ご希望の講座名と開催日・参加者のお名前・住所・電話番号・eメールアドレス)を
 下記いずれかの方法でお知らせください。

 ・下記「お申込みはこちらをクリック!」ボタンより申し込みフォームへリンクします。
  ご希望の講座を選択して必要事項をご記入・ご確認のうえ送信して下さい。
  ご記入いただいたメールアドレスへ自動送信にて確認メールが送られます。
  お申し込みはこちら!



 ・申し込みフォームがご利用になれないお客様は
  メール <makekan@marutsu.co.jp> またはFAX:03-5289-0002まで
  上記必要事項を明記して送信してください。
  折り返しメール等にて受付確認のご連絡を差し上げます。

●ご連絡先
 マルツメイク館[マルツパーツ館秋葉原2号店]
 TEL :03-5289-0002
 FAX :03-5289-0003
 MAIL:makekan@marutsu.co.jp  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 17:33製品

2014年08月29日

SPICEを活用した電源回路シミュレーションセミナー

●講 師:堀米 毅 氏
●開催日:平成26年9月25日(木)
●時 間:13:30~15:30(13:00開場)
●定 員:7名
●参加費用:無料
●開催場所:マルツエレック本社(東京都:秋葉原)
        〒101-0021 千代田区外神田5丁目2-2 セイキ第一ビル7F


*受付の際に、お名刺の交換をお願い致します。
 お名刺のご準備のほどお願い致します。


 また、セミナー終了後にアンケートのご記入をお願いしております。
 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

電源回路を対象にSPICEの活用方法を解説致します。
回路設計品質向上、回路設計の効率化に役立つSPICE活用方法のポイントをケース・スタディで説明していきます。

【対象者】
・これからSPICEを活用して電源回路設計をしたい方
・回路方式の検討にSPICEを活用したい方
・過渡解析だけではなく、位相余裕度解析を行いたい方 ・回路設計の設計品質を高めたい方
・SPICEをもっと活用したい方


【セミナー内容】
1. 回路方式(トポロジー)検討時のSPICE活用方法
1.1 降圧回路
1.2 昇圧回路
1.3 PFC回路
1.4 アベレージモデルの活用

2. 詳細設計時のSPICE活用方法
2.1 DCDCコンバータによる昇圧回路
2.2 擬似共振電源回路

3. 質疑応答

●セミナー終了後に、回路シミュレーションに関する相談の場も設けます。  
 ご希望のお客様は、申し込みフォームの備考欄にご記入頂きますようお願い致します。  
 当日、お申し付け頂いても結構です。
 また、下記の弊社ウェブサイトでも、ご相談の受付をしておりますので、お気軽にご相談下さい。
【回路シミュレーションサービスへのお問合せはこちらからどうぞ】

●お申し込み方法

 必要事項(ご希望の講座名と開催日・参加者のお名前・住所・電話番号・eメールアドレス)を
 下記いずれかの方法でお知らせください。

 ・下記「お申込みはこちらをクリック!」ボタンより申し込みフォームへリンクします。
  ご希望の講座を選択して必要事項をご記入・ご確認のうえ送信して下さい。
  ご記入いただいたメールアドレスへ自動送信にて確認メールが送られます。
  お申し込みはこちら!



 ・申し込みフォームがご利用になれないお客様は
  メール <makekan@marutsu.co.jp> またはFAX:03-5289-0002まで
  上記必要事項を明記して送信してください。
  折り返しメール等にて受付確認のご連絡を差し上げます。

●ご連絡先
 マルツメイク館[マルツパーツ館秋葉原2号店]
 TEL :03-5289-0002
 FAX :03-5289-0003
 MAIL:makekan@marutsu.co.jp  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 15:33製品

2014年08月29日

SPICEを活用したモータ制御シミュレーションセミナー

[無償セミナー]SPICEを活用したモータ制御シミュレーションセミナー



●講 師:堀米 毅 氏
●開催日:平成26年9月18日(木)
●時 間:13:30~15:30(13:00開場)
●定 員:7名
●参加費用:無料
●開催場所:マルツエレック本社(東京都:秋葉原)
        〒101-0021 千代田区外神田5丁目2-2 セイキ第一ビル7F


*受付の際に、お名刺の交換をお願い致します。
 お名刺のご準備のほどお願い致します。


 また、セミナー終了後にアンケートのご記入をお願いしております。
 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

ビー・テクノロジーの製品及びサービスについてモーター駆動制御回路を中心に、事例及び活用方法をご紹介致します。回路方式のテンプレートの「コンセプトキット」及び自分で任意のSPICEモデルをカタログ値から作成できる「シンプルモデル」のご紹介がメインになります。
詳細設計及び概念設計でご活用して頂ければと思います。



【対象者】
・これからSPICEを使って回路設計をしたい方 
・SPICEをもっと活用したい方 
・モーター駆動制御に携わっている方
・自分でモーターのSPICEモデルを作成したい方


【セミナー内容】
1.ACモーター駆動制御シミュレーション
1.1コンセプトキットを活用した事例
1.2シンプルモデルを活用して自分の必要なSPICEモデルを作成する
2.DCモーター駆動制御シミュレーション 2.1シンプルモデルを活用して自分の必要なSPICEモデルを作成する
3.ステッピングモーター駆動制御シミュレーション 3.1コンセプトキットを活用したユニポーラ・ステッピングモーター制御回路 3.2コンセプトキットを活用したバイポーラ・ステッピングモーター制御回路 4.モーター駆動制御関連のデバイスモデリングサービスのご案内
5.質疑応答


●セミナー終了後に、回路シミュレーションに関する相談の場も設けます。  
 ご希望のお客様は、申し込みフォームの備考欄にご記入頂きますようお願い致します。  
 当日、お申し付け頂いても結構です。
 また、下記の弊社ウェブサイトでも、ご相談の受付をしておりますので、お気軽にご相談下さい。
【回路シミュレーションサービスへのお問合せはこちらからどうぞ】

●お申し込み方法

 必要事項(ご希望の講座名と開催日・参加者のお名前・住所・電話番号・eメールアドレス)を
 下記いずれかの方法でお知らせください。

 ・下記「お申込みはこちらをクリック!」ボタンより申し込みフォームへリンクします。
  ご希望の講座を選択して必要事項をご記入・ご確認のうえ送信して下さい。
  ご記入いただいたメールアドレスへ自動送信にて確認メールが送られます。
  お申し込みはこちら!



 ・申し込みフォームがご利用になれないお客様は
  メール <makekan@marutsu.co.jp> またはFAX:03-5289-0002まで
  上記必要事項を明記して送信してください。
  折り返しメール等にて受付確認のご連絡を差し上げます。

●ご連絡先
 マルツメイク館[マルツパーツ館秋葉原2号店]
 TEL :03-5289-0002
 FAX :03-5289-0003
 MAIL:makekan@marutsu.co.jp  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 14:26営業

2014年08月27日

二次電池シミュレーションセミナーのご案内

本日は、SPICEの無償セミナーのご案内です。テーマは、二次電池になります。



●講 師:堀米 毅 氏

●開催日:2014年9月17日(水)

●時 間:13:30~15:30

●定 員:7名

●参加費用:無料

●開催場所:マルツエレック本社(東京都:秋葉原)

        〒101-0021 千代田区外神田5丁目2-2 セイキ第一ビル7F



*受付の際に、お名刺の交換をお願い致します。

 お名刺のご準備のほどお願い致します。

 また、セミナー終了後にアンケートのご記入をお願いしております。

 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。



●概 要

ビー・テクノロジーの製品及びサービスについて、二次電池のSPICEモデル

を活用した事例を中心に、 ご紹介致します。詳細設計の回路方式の

テンプレート「デザインキット」及び自分で任意のSPICEモデルをカタログ値

から作成できる「シンプルモデル」のご紹介がメインになります。



また、アプリケーション回路に必要なデバイスモデリングサービスもご紹介致します。



●対象者

・これからSPICEを使って回路設計をしたい方

・SPICEをもっと活用したい方

・二次電池のアプリケーション回路設計に携わっている方

・太陽光発電システムの全体設計及び最適化に携わっている方

・自分で二次電池のSPICEモデルを作成したい方





●セミナー内容

 1.リチウムイオン電池のシンプルモデル

 2.ニッケル水素電池のシンプルモデル

 3.鉛蓄電池のシンプルモデル

 4.太陽電池のSPICEモデル解説

 5.太陽光発電システム全体シミュレーション

 6.環境発電のシミュレーション

 7.社会インフラ系シミュレーションに関連するデバイスモデリングサービスのご紹介

  7.1電気二重層キャパシタシミュレーション

  7.2リチウムイオンキャパシタシミュレーション

 8.質疑応答





●セミナー終了後に、回路シミュレーションに関する個別相談の場も設けます。

 ご希望のお客様は、申し込みフォームの備考欄にご記入頂きますようお願い致します。

 当日、お申し付け頂いても結構です。

 

 また、下記の弊社ウェブサイトでも、ご相談の受付をしておりますので、

 お気軽にご相談下さい。

 【回路シミュレーション専用ページ】

 http://www.marutsu.co.jp/user/spice_index.php



●お申し込み方法



 必要事項(ご希望の講座名と開催日・参加者のお名前・住所・電話番号・eメールアドレス)を

 下記いずれかの方法でお知らせください。



 ・下記「お申込みはこちらをクリック!」ボタンより申し込みフォームへリンクします。

  ご希望の講座を選択して必要事項をご記入・ご確認のうえ送信して下さい。

  ご記入いただいたメールアドレスへ自動送信にて確認メールが送られます。

  お申し込みはこちら!



https://contact.marutsu.co.jp/system/seminar/



 ・申し込みフォームがご利用になれないお客様は

  メール <makekan@marutsu.co.jp> またはFAX:03-5289-0002まで

  上記必要事項を明記して送信してください。

  折り返しメール等にて受付確認のご連絡を差し上げます。



●ご連絡先

 マルツメイク館[マルツパーツ館秋葉原2号店]

 TEL :03-5289-0002

 FAX :03-5289-0003

 MAIL:makekan@marutsu.co.jp


  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 18:18営業

2014年08月18日

デバイスモデルの作成のノウハウ







上記の資料を、SPICEモデルを作成する際に参考にして下さい。





ビー・テクノロジー


堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 17:57製品

2014年08月14日

LTspice超入門






LTspiceをダウンロードして、10分程度で基本が理解できる

マニュアルです。是非、ご活用下さい。



ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:14製品

2014年08月14日

回路シミュレーションの知っておきたい3つのポイント








回路シミュレーションを始める時に知っておきたい3つのポイント

を纏めました。上記のとおりです。



回路シミュレータの活用は、半導体回路設計者、回路設計者だけではなく、

機械系エンジニア、情報系エンジニア、社会インフラ系エンジニア、医療、

ヘルスケア、教育分野にも活用するエンジニアが増えてきています。



等価回路を活用することで、回路シミュレータの応用範囲、適応範囲が

広がってきています。



ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 12:24製品

2014年08月08日

2014年9月度のスパイスモデルの全リスト




2014年9月度のスパイス・パークのスパイスモデルの全リストです。

4,253のスパイスモデルを配信しています。



スパイス・パークの半導体部品のサイトをこちらです。



半導体部品以外のスパイスモデルの配信サイトはこちらです。



是非、ご活用ください。



ビー・テクノロジー

堀米 毅 (Tsuyoshi Horigome)  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:04製品

2014年08月08日

エナジーハーベスト用SPICEモデルのご提供開始








2014年9月度のアップデートは、エナジーハーベスト(環境発電)用の

パナソニック製品の太陽電池のSPICEモデルです。今回は、30モデル

をアップデートしました。



エナジーハーベスト(環境発電)の光入力デバイスをして活用されています。



エナジーハーベスト(環境発電)のデザインもSPICE系シミュレータは

得意とします。是非、ご活用下さい。

ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 13:56製品

2014年08月03日

デバイスモデリング研究所




Location of Siam Bee Technologies Co.,Ltd. Location from Tsuyoshi Horigome



ビー・テクノロジーのデバイスモデリング研究所のご案内です。



詳細はこちらをご参照下さい。



ビー・テクノロジー
堀米 毅

お問い合わせはこちらからお願い致します。





  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:50営業