2013年05月29日

明日開催(D級アンプ回路シミュレーションセミナー)






明日、2013年5月30日にD級アンプ回路のシミュレーションのセミナー

をマルツエレック株式会社主催にて、開催致します。



D級アンプ回路のシミュレーションのシミュレーションのためのポイント

を解説するのと同時に、パワーMOSFETのデバイスモデリングの

プロセスやスピーカーのスパイスモデルの解説も行います。



もし、当日、間に合えば、D級アンプの出力のシリコンのパワーMOSFET

をSiC MOSFET(ローム製品)に差し替えた場合にどうなるのか?を実機

で体験して頂こうと思います。このSiC MOSFETは予定です。



若干、席があります。是非、ご参加下さい。



株式会社ビー・テクノロジー

お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 21:17製品

2013年05月28日

回路シミュレータLTspice 部品モデル作成術(発売中)






2013525発売開始です。書籍に関する







詳細はこちらから




ご購入はこちらから

Share photos on twitter with Twitpic






宜しくお願い致します。



株式会社ビー・テクノロジー

お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 15:55製品

2013年05月24日

LTspice 部品モデル作成術






2013525発売予定です。書籍に関する







詳細はこちらから




ご購入はこちらから



宜しくお願い致します。



株式会社ビー・テクノロジー

お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 15:45製品

2013年05月22日

コイルのデバイスモデリングに必要な情報項目







上記のインピーダンス特性図のプロットデータをEXCEL or CSVデータ
でご提供下さい。
共振周波数を含んだインピーダンス特性図の方が
デバイスモデリングの再現性は
高くなります





株式会社ビー・テクノロジー

お問い合わせはこちらからお願い致します。

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:52製品

2013年05月22日

コンデンサのデバイスモデリングに必要な情報項目







上記のインピーダンス特性図のプロットデータをEXCEL
or CSV
データ
でご提供下さい。
共振周波数を含んだインピーダンス特性図の方が
デバイスモデリングの再現性は
高くなります





株式会社ビー・テクノロジー

お問い合わせはこちらからお願い致します。

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:37製品

2013年05月22日

IGBTのデバイスモデリングに必要な情報項目




IGBTのデバイスモデリングに必要な情報項目



IGBT及びFWDのデバイスモデリングに必要な電気的な特性

の項目です。



ご不明な点はお問い合わせください。上記の電気的特性が

揃わない場合でもデバイスモデリングが可能な場合もあります。

その場合もご相談下さい。



株式会社ビー・テクノロジー

お問い合わせはこちらからお願い致します。

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 15:28製品

2013年05月22日

電流臨界モード方式 PFC 制御回路の基礎






電流臨界モード方式 PFC 制御回路の基礎です。基礎学習に

ご活用下さい。



株式会社ビー・テクノロジー 

堀米 毅  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 10:28製品

2013年05月20日

[書籍発売のお知らせ]LTspice 部品モデル作成術


CQ出版社より、「定番回路シミュレータLTspice 部品モデル作成術」が



2013年5月25日に発売予定です。こちらからご購入出来ます。




目次は以下の通りです。ぜひ、ご活用ください。








目次





イントロダクション こんなにいいものありません!「電子回路シミュレーション」





第1部 LTspice電子回路シミュレーション スタートアップ



第1章 無償の電子回路シミュレータLTspice

1-1 LTspiceの特徴

1-2 LTspiceのいいところ

1-3 LTspiceの入手方法とインストール

Column(1-I) LTspiceをちゃんと使うために必要なこと



第2章 まずやってみよう!電子回路シミュレーション

2-1 交流電源からDC電圧を作る電源回路をシミュレーション

Appendix LTspiceの参考情報があるウェブサイト





第2部 部品モデル作りの基礎知識



第3章 部品モデルに必要なこと

3-1 部品モデルを使えるようにするには



第4章 SPICEモデルその1:パラメータ・モデル

4-1 だいたいの動作を把握するには十分!パラメータ・モデル

4-2 ケース1:パラメータ・モデル(SPICEモデル)と回路図シンボルが既に関連付けられている場合

4-3 ケース2:パラメータ・モデル(SPICEモデル)と回路図シンボルが関連付けられていない場合

Appendix パラメータ抽出ツールの入手方法と使い方



第5章 SPICEモデルその2:等価回路モデル

5-1 すべての部品が表せる!等価回路モデル

5-2 ケース1:等価回路モデル(SPICEモデル)と回路図シンボルが既に関連付けられている場合

5-3 ケース2:等価回路モデル(SPICEモデル)をLTspiceの標準回路図シンボルと関係付ける場合

5-4 ケース3:等価回路モデル(SPICEモデル)を新規の回路図シンボルと関係付ける場合

Appendix すべての部品は等価回路で表せる!アナログ・ビヘイビア・モデルによる酸素センサのモデル作成例



第6章 従来のPSpiceモデルをLTspiceモデルに置き換える方法

6-1 LTspiceは多くのPSpice用モデルをかなりそのまま使える

6-2 LTspiceでは使用できないPSpiceモデル

6-3 一部修正すればLTspiceに使用できるPSpiceモデル

6-4 PSpiceモデルをLTspiceで使用する場合の注意点

6-5 PSpiceの電圧制御電圧源(EVALUE)と電圧制御電流源(GVALUE)の再現





第3部 ためして合点!部品モデルの作り方



第7章 部品:抵抗 再現:インピーダンス特性

7-1 抵抗の等価回路モデル

7-2 カーボン皮膜抵抗のSPICEモデルを作成

7-3 セメント抵抗のSPICEモデルを作成



第8章 部品:汎用ダイオード 応用:整流回路

8-1 汎用ダイオード・モデルを作成して整流回路を再現

8-2 「汎用ダイオード」のモデル作成手順

8-3 手順1:順方向特性(IS,N,RS,IKF)を求める

8-4 手順2:接合容量特性(CJO,M,VJ)を求める

8-5 手順3:逆回復特性(TT)を求める

8-6 作成したモデルを使った電子回路シミュレーション

Column(8-I) モデル作成ツールPSpice Model Editorの無償評価版

Appendix 部品モデルの善しあしの評価…汎用ダイオードの例



第9章 部品:電解コンデンサ 応用:整流/電源回路

9-1 電解コンデンサのモデルを改良して整流回路のリプル波形を再現

9-2 コンデンサのSPICEモデル

9-3 3素子モデルのパラメータを求める方法

9-4 モデル作成&チューニングのための準備! インピーダンス特性をシミュレーションで求める

9-5 チューニング!

9-6 補足:セラミックやフィルムの場合は?

9-7 作成したモデルを使ってシミュレーション

Column(9-I) 大電流では配線パターンの等価回路が必要

Appendix 等価回路モデルを一つの部品として扱う方法



第10章 部品:ショットキー・バリア・ダイオード 応用:誘導負荷の駆動回路

10-1 目標:ショットキー・バリア・ダイオード・モデルを作成して誘導負荷回路を再現

10-2 モデル作成手順

10-3 手順1:エネルギ・ギャップ(EG)を決定する

10-4 手順2:順方向特性(IS,N,RS,IKF)を求める

10-5 手順3:容量特性(CJO,M,VJ)

10-6 逆回復時間(TT)を求める

10-7 手順5:デバイスの耐圧(BV,IBV)を求める

10-8 手順6:モデル・パラメータを微調整する

10-9 作成したモデルを使ってシミュレーションしてみる

Appendix A 部品の温度解析…SiC MOSFETの高温解析の例

Appendix B きめ細かく忠実に特性を表現できる等価回路モデル



第11章 部品:コイル 応用:スイッチング電源回路

11-1 目標:コイルのSPICEモデルを作成して,スイッチング電源回路の出力ノイズを再現

11-2 コイルのモデルのいろいろ

11-3 2素子モデルを使った標準的なスイッチング電源のシミュレーション

11-4 基本中の基本「3素子モデル」の作り方

Column(11-I) コイルの直流重畳特性をモデリングする方法

Column(11-II) チョーク・コイルのSPICEモデル



第12章 部品:パワーMOSFET 応用:DC-DCコンバータ回路

12-1 パワーMOSFETのSPICEモデルを作成して,DC-DCコンバータ回路の動作を再現

12-2 パワーMOSFETのSPICEモデル

12-3 パワーMOSFETのSPICEモデル作成手順

12-4 〜MOSFET本体のモデル〜 手順1:製造プロセス情報(L,W,TOX)を求める

12-5 手順2: 順方向伝達コンダクタンス特性(KP)を求める

12-6 手順3:伝達特性(VTO)を求める

12-7 手順4:ドレイン-ソース間オン抵抗(RD)を求める

12-8 手順5:ドレイン-ソース間シャント抵抗(RDS)を求める

12-9 手順6:ゲート・チャージ特性(CGSO,CGDO)を求める

12-10 手順7:端子間容量特性(MJ,PB)を求める

12-11 手順8:ゲート・オーミック抵抗(RG)を求める

12-12 〜ボディ・ダイオードのモデル 〜 手順9:ボディ・ダイオードのI-V特性(IS,N,RS,IKF)を求める

12-13 手順10:ボディ・ダイオードの逆回復特性(TT)を求める

12-14 手順11:ボディ・ダイオードのその他のモデル・パラメータ(BV,IBV)を求める

12-15 〜ESD保護素子のモデル〜 手順12:保護ダイオードのSPICEモデルの追加

12-16 〜MOSFET全体のモデルの作成〜 手順13:パッケージの影響を表現する

12-17 手順14:本体,ボディ・ダイオード,ESD保護素子,端子間の抵抗成分を合体する

Column(12-I) パワーMOSFETパッケージの影響をモデルに組み込む



第13章 部品:電源制御IC 応用:DC-DCコンバータ回路

13-1 電源制御ICのSPICEモデルを作成して,DC-DCコンバータ回路の動作を再現

13-2 ICのモデリングのコモンセンス

13-3 必要な機能と調べたい性能を決める

13-4 チョーク・コイルと電解コンデンサのSPICEモデル

13-5 シミュレーション波形を調べてみる



第14章 部品:バイポーラ・トランジスタ2SC1815 応用:LEDドライブ

14-1 バイポーラ・トランジスタのSPICEモデルを作成して,LEDドライブ回路動作を再現

14-2 バイポーラ・トランジスタのSPICEモデルを作成する

14-3 バイポーラ・トランジスタのSPICEモデル作成手順

14-4 手順1:逆方向アーリー電圧より,モデル・パラメータ(VAR)を求める

14-5 手順2:逆方向ベータ特性より,モデル・パラメータ(BR,IKE,ISC,NC)を求める

14-6 手順3:ベース-エミッタ間飽和電圧より,モデル・パラメータ(IS,RB)を求める

14-7 手順4:順方向アーリー電圧より,モデル・パラメータ(VAF)を求める

14-8 手順5:順方向ベータ特性より,モデル・パラメータ(BF,IKF,ISE,NE,NK)を求める

14-9 手順6:コレクタ-エミッタ間飽和電圧より,モデル・パラメータ(RC)を求める

14-10 手順7:ベース-コレクタ間容量特性より,モデル・パラメータ(CJC,VJC,MJC)を求める

14-11 手順8:ベース-エミッタ間容量特性より,モデル・パラメータ(CJE,VJE,MJE)を求める

14-12 手順9:スイッチング特性(下降時間)より,モデル・パラメータ(TF)を求める

14-13 手順10:スイッチング特性(蓄積時間)より,モデル・パラメータ(TR)を求める



第15章 部品:白色発光ダイオード 応用:LEDドライブ回路

15-1 白色発光ダイオードのSPICEモデルを作成して,LEDドライブ回路の波形を再現

15-2 白色LEDの特徴と駆動方法

15-3 LEDのSPICEモデルの作り方

15-4 手順1:順方向特性(IS,N,RS,IKF)を求める 〜汎用ダイオードと比べて測定ポイントを多くする〜

15-5 手順2:容量特性(CJO,VJ,M)を求める 〜逆電圧は絶対に大きくし過ぎない!5Vまで〜

15-6 手順3:逆回復特性より,(TT)を求める 〜小さいIRで逆回復時間を計らなければならない〜

15-7 手順4:デバイスの耐圧より(BV,IBV)を求める

15-8 完成したLEDモデルをドライブ回路に組み込んでシミュレーション



第16章 部品:エミフィルとプロードライザ 応用:FPGA用電源回路

16-1 FPGA用電源回路の出力特性を再現する

16-2 入力側フィルタのSPICEモデルを作成する

16-3 出力側フィルタのSPICEモデルを作成する

16-4 作成したフィルタのモデルを使ってシミュレーション

Column(16-I) LTspiceにはリニアテクノロジーの電源ICモデルが用意されている



第17章 部品:IGBT 応用:モータ駆動回路

17-1 IGBTのSPICEモデルを作成してモータ駆動回路の動作を再現

17-2 モデル作成前に…IGBTの特徴

17-3 IGBTのSPICEモデル

17-4 IGBTのSPICEモデルを作る手順

17-5 準備1:SPICEモデル作成を効率よく行うための準備

17-6 準備2:合わせこみに使わないパラメータを設定

17-7 手順1:伝達特性に関わるパラメータを決定する

17-8 手順2:飽和特性に関わるパラメータを決定する

17-9 手順3:ゲート・チャージ特性に関わるパラメータの決定

17-10 手順4:スイッチング特性(上昇時間)に関わるパラメータの決定

17-11 手順5:スイッチング特性(下降時間)に関わるパラメータの決定

17-12 手順6:その他に必要なパラメータ値の入力

17-13 完成したIGBTモデルをモータ駆動回路に組み込んでシミュレーション



第18章 部品:DCモータ 応用:モータ駆動回路

18-1 DCモータのSPICEモデルを作成してモータ・ドライブ回路の動作を再現

18-2 DCモータのSPICEモデルを作成する前に…

18-3 DCモータの3種類のSPICEモデル

18-4 作成手順

18-5 準備1:トルク定数Ktの計算

18-6 準備2:逆起電力の定数Keの計算

18-7 手順1:周波数測定に関わるパラメータの決定

18-8 手順2:電流波形に関わるパラメータの決定

18-9 手順3:電圧波形に関わるパラメータの決定

18-10 手順4:部分的パラメータの最適化

18-11 完成したDCモータのSPICEモデルの機能

18-12 IGBTをドライブするフォトカプラのモデル

18-13 完成したDCモータのSPICEモデルを組み込んでシミュレーション

Column(18-I) ステッピング・モータのSPICEモデル



第19章 部品:トランス 応用:絶縁型スイッチング電源

19-1 トランスのSPICEモデルを作成してスイッチング電源の動作を再現

19-2 3種類のSPICEモデル

19-3 インダクタンス周波数特性+結合係数モデルの作り方

19-4 手順1:1次側に関わるパラメータの決定

19-5 手順2:2次側に関わるパラメータの決定

19-6 手順3:リーケージ・インダクタンスに関わるパラメータの決定

19-7 手順4:ネットリストにまとめる

19-8 トランス以外のデバイスのSPICEモデル作成

19-9 絶縁型フライバック・コンバータ回路に組み込んで再現シミュレーション



第20章 部品:太陽電池 再現:日照変化時の出力特性

20-1 LTspiceでシミュレーションできる範囲

20-2 基礎知識…太陽電池のデータシートの見方

20-3 太陽電池の等価回路とシミュレーション結果

20-4 等価回路のパラメータを決めてモデルを完成させる

20-5 天候に応じた出力特性の表現方法



第21章 部品:真空管 応用:オーディオ・アンプ

21-1 三極管の特性と等価回路

21-2 三極管のSPICEモデルを作成

21-3 三極管シングル電力増幅回路を設計

21-4 やってみよう!真空管アンプのシミュレーション



第22章 部品:スピーカ 再現:シミュレーション波形を音声ファイルとして聴く!

22-1 スピーカのSPICEモデル

22-2 準備:スピーカの周波数特性(インピーダンス特性)を取得する

22-3 手順1:電気系のインピーダンスに関わるパラメータの決定

22-4 手順2:機械系のインピーダンスに関するパラメータの決定

22-5 手順3:ネットリストにまとめる

22-6 スピーカのSPICEモデルの周波数特性をシミュレーションする

22-7 音源の回路を作成してファイル出力







株式会社ビー・テクノロジー 

堀米 毅  
タグ :LTspice

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 11:38製品

2013年05月16日

プリウスにおける電気系パワートレインの構成図






プリウスにおける電気系パワートレインの構成図です。

モーターの出力向上のため、3相インバータ回路の入力

電圧が高くなっています。



昇圧回路を採用することで、バッテリーのセル数も減らします。

トヨタのプリウスの場合、電池の種類は、ニッケル水素電池に

なります。



株式会社ビー・テクノロジー 

堀米 毅  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 15:29製品

2013年05月15日

PFC回路シミュレーションセミナーお申し込み受付中




ビー・テクノロジーの製品及びサービスについて、SPICEモデルを
活用した
PFC(力率改善)回路シミュレーションの事例を中心に、
ご紹介致します。詳細設計の回路方式のテンプレート
「デザインキット」
及びアプリケーション回路に必要なデバイスモデリングサービスも
ご紹介致します。






電流臨界モード方式PFC制御回路のシミュレーション事例を中心に、
回路解析シミュレーションで何が
出来るのか?シミュレーションの
ポイントを解説していきます。また、最新の
LEDの等価回路モデルも


ご紹介致します。





対象者


・これからSPICEを使って回路設計をしたい方


SPICEもっと活用したい方


PFCの回路設計に携わっている方


・パワーMOSFETのスパイスモデルの詳細を知りたい方


・最新のLEDのスパイスモデルの詳細を知りたい方





催日時】2013620()13:30-15:30


開催場所マルツエレック株式会社 本社

 〒101-0021 千代田区外神田5丁目2-2
セイキ第一ビル7F 場所情


参加費用無償 お申し込みはこちらからお願い致します。


定員】14





セミナー内容


1.PFC ICのスパイスモデル


2.パワーMOSFETのスパイスモデル


3.LEDの等価回路モデル


4.PFC回路シミュレーションのポイント


5.PFC回路シミュレーションの解説


6.質疑応答





株式会社ビー・テクノロジー 
堀米 毅  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 13:51営業