2012年08月29日

LTspice活用入門(2012年8月31日開催)


LTspice活用入門(質問の多い内容を解説)

LTspiceのユーザーで特に質問が多い内容についてクリアーに
していきます。
上記の4項目がクリアーになっただけでも活用応用
範囲は広がります。


是非、この機会に無償SPICE回路解析シミュレータ、「LTspice」を
習得して、
活用して下さい。

体験型学習のセミナーです。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com
  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:43Comments(0)営業

2012年08月28日

鉄道模型のレイアウト(Nスケール)

Share photos on twitter with Twitpic

鉄道模型のレイアウト(Nスケール)です。ヨットの「470」も浮かべています。
室蘭工業大学のヨット部でした。Facebookのページはこちら。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 00:28Comments(0)生活

2012年08月28日

ビー・テクノロジーの製品のラインナップ(14版)



ビー・テクノロジーの製品のラインナップ14版、最新版です。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 00:10Comments(0)製品

2012年08月27日

東芝セミコンダクター&ストレージ社のスパイスモデル販売再開

スパイス・パーク on Twitpic

スパイス・パークで販売している東芝セミコンダクター&
ストレージ社のスパイスモデルの販売を部分的に、一時
販売を2012年8月10日より、停止致しておりましたが、
問題が解決したため、2012年8月27日より販売を再開
致します。

お手数をおかけし、申し訳ありませんでした。

[お問い合わせ先] 
株式会社ビー・テクノロジー 
電話番号: 03-5401-3851 
メールアドレス:info@bee-tech.com
  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 19:31Comments(0)製品

2012年08月24日

コルピッツ型LC発振回路シミュレーション


トランジスタ コルピッツ型LC発振回路シミュレーション



あまり波形は綺麗ではありませんが、発振しているのが確認できます。
上記のシミュレーションデータ一式は、
[ホームページ]->[デバイスモデリングサービス]->[半導体部品]->
[トランジスタ]


にて、掲載しております。ご参考にしてください。


[お問い合わせ先] 
株式会社ビー・テクノロジー 
電話番号: 03-5401-3851 (9:00-17:00)
メール・アドレス:info@bee-tech.com  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 11:57Comments(0)研究開発

2012年08月23日

トランジスタによる発振回路のシミュレーション事例


トランジスタの発振回路シミュレーション(LTspice)



あまり波形は綺麗ではありませんが、発振しているのが確認できます。
上記のシミュレーションデータ一式は、

[ホームページ]->[デバイスモデリングサービス]->[半導体部品]->[トランジスタ]

にて、掲載しております。ご参考にしてください。

[お問い合わせ先] 
株式会社ビー・テクノロジー 
電話番号: 03-5401-3851 
メールアドレス:info@bee-tech.com  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 18:33Comments(0)研究開発

2012年08月23日

LTspiceで3種類のノイズ信号をFFT解析

本日のご案内は、WaveGene(任意波形生成ソフト)を活用した
事例紹介です。回路解析シミュレータは、LTspiceが対象です。

LTspiceには、入力信号源として、.wavファイルを簡単に取り
込める機能があります。

WaveGene(任意波形生成ソフト)にて、下記の3点のノイズ
波形を生成しました。

ホワイトノイズ
ピンクノイズ
M系列ノイズ


WaveGene(任意波形生成ソフト)はフリーソフトであり、こちら
からダウンロードできます。

生成したファイルは、.wavファイルです。これをLTspiceの
「voltage」のvalueにてコマンド入力すれば簡単に入力信号が
生成できます。

まず、過渡解析を行います。その波形に対して、FFT解析のボタン
をクリックするだけで、FFT解析結果の画面になります。計算
スピードも速いです。

また、WaveGeneは色々な波形がリアルタイムで生成できます。
WaveGeneとLTspiceの連携で活用範囲が広がります。
上記の事例は、体験できるように、シミュレーションデータ一式を
ホームページのカテゴリーのLTspiceでミュージック内にて、
情報公開しております。ご参考にしてください。
詳細は、次号のBee Style:でご紹介する予定です。また、
LTspiceの体験型学習セミナーが8月31日(金曜日)に開催
されます。9月にも開催致しますが、9月開催
分は満席になり
ました。


実務でお忙しいエンジニアの方も半日のセミナーで活用できる
ようになります。


是非、ご参加ください。詳細は、こちらに掲載いたします。
皆様のご参加、お待ちしております。

[お問い合わせ先] 
株式会社ビー・テクノロジー 
電話番号: 03-5401-3851 
メールアドレス:info@bee-tech.com
  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 15:58Comments(2)研究開発

2012年08月23日

M系列ノイズをLTspiceにてFFT解析



M系列ノイズをLTspiceにてFFT解析をしました。WaveGeneでM系列ノイズを
生成し、そのファイルをLTspiceの入力信号として取り込み、過渡解析を
おこない、FFT解析結果を表示させました。

1つ気になった点は、ホワイトノイズ及びピンクノイズの波形取り込み
時間と比較して、長い時間を有したことです。

各種ノイズの種類によって、周波数特性が異なることが、FFT解析より
わかりました。

これでWaveGeneとLTspiceとの連携はうまくいきました。
実務でも十分に活用できます。
  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 14:25Comments(0)研究開発

2012年08月23日

WaveGeneでM系列ノイズ波形を生成(音声あり)



WaveGeneM系列ノイズ波形を生成しました。このソフトのよいところは、
任意波形を生成しながら、耳で音を確認できる点です。上記はM系列
ノイズ
波形を生成した事例です。音声があります。

[お問い合わせ先] 
株式会社ビー・テクノロジー 
電話番号: 03-5401-3851 
メールアドレス:info@bee-tech.com

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 13:42Comments(0)研究開発

2012年08月23日

WaveGeneでピンクノイズ波形を生成(音声あり)



WaveGeneでピンクノイズ波形を生成しました。このソフトのよいところは、
任意波形を生成しながら、耳で音を確認できる点です。上記はピンクノイズ
を生成した事例です。音声があります。
[お問い合わせ先] 
株式会社ビー・テクノロジー 
電話番号: 03-5401-3851 
メールアドレス:info@bee-tech.com

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 12:57Comments(0)研究開発