2010年08月18日

2010年9月アップデート計画 IGBT



次回のスパイス・パークのアップデートは、KECのIGBTモデルを計画しています。
IGBT本体は、MOSFET+BJT型モデルを採用し、FWDにつきましては、お客様の
シミュレーションの用途に応じて、

スペシャルモデル(電流減少率モデル)
プロフェッショナルモデル
スタンダードモデル

を準備し、選択が出来るようにしました。

ご提供開始時期は2010年8月末の予定です。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com   

Posted by ビー・テクノロジー at 17:40Comments(0)製品

2010年08月18日

2010年9月のセミナー情報



2010年9月10日に「LTspiceを活用した太陽電池シミュレーション」セミナーを
開催致します。詳細はこちらをご参照下さい。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com   

Posted by ビー・テクノロジー at 17:31Comments(0)営業

2010年08月18日

モード切替時のシミュレーション(DCDCコンバータ)





現在、DCDCコンバータの等価回路の研究をしております。通常のDCDCコンバータ
はPWM方式ですが、電源がDC電源ではなく、バッテリーが電源になる場合、PWM
方式ですと消費電力が大きいのですが、状況によるモード切替にて、方式が切り
替わる訳です。それをシミュレーションする場合、そのような動作をするモデル
が必要不可欠になります。

よって、現在、この研究に取り組んでいます。赤印のところで、負荷電流が変わり、
モードが切り替わります。

2010年12月までの期日を切って、私自身の研究のテーマにしていきます。回路解析
シミュレータにはPSpiceを用いています。シミュレーション時間がかかります。  

Posted by ビー・テクノロジー at 17:03Comments(0)研究開発

2010年08月18日

ビー・テクノロジーの英語版BLOGについて



スパイス・パークのグローバル版の稼動を前にして色々な準備を実施
しております。その中の一環として、英語版BLOGの掲載を開始して
おります。カテゴリはは、デバイスの種類、回路方式の種類で分類
しています。

出来るだけ、図、写真、動画を活用し、情報を公開していきます。

サイトはこちらからご参照下さい。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com  

Posted by ビー・テクノロジー at 15:16Comments(0)営業

2010年08月18日

HEV用リチウムイオン電池 放電特性シミュレーション



LTspiceを活用したHEV用リチウムイオン電池の放電特性シミュレーション
です。汎用的なリチウムイオン電池の等価回路モデルは使えないため、新た
な等価回路モデル
を作成し、モデリングしました。

Hybrid electric vehicle:HEV(ハイブリッド電気自動車) 

タイムスケール機能を使用している為、解析時間は解析精度を落とさず、
早いです。上記のYoutube動画でご確認下さい。

上記の設定は、バッテリーモジュールを1個使用した場合です。

このスパイスモデルは後日、スパイス・パーク内でご提供予定です。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com   

Posted by ビー・テクノロジー at 13:57Comments(0)研究開発

2010年08月18日

HEV用リチウムイオン電池 充電特性シミュレーション



LTspiceを活用したHEV用リチウムイオン電池の充電特性シミュレーション
です。汎用的なリチウムイオン電池の等価回路モデルは使えないため、新た
な等価回路モデルを作成し、モデリングしました。

Hybrid electric vehicle:HEV(ハイブリッド電気自動車)

タイムスケール機能を使用している為、解析時間は解析精度を落とさず、
早いです。上記のYoutube動画でご確認下さい。

上記の設定は、バッテリーモジュールを1個使用した場合です。

このスパイスモデルは後日、スパイス・パーク内でご提供予定です。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com  

Posted by ビー・テクノロジー at 13:17Comments(0)研究開発