2010年04月30日

TO DO LIST/30APR2010

今日の「TO DO LIST」は、全然消費できていません。午前中に新製品開発会議でした。担当者が私にプレゼンします。内容は上々でした。これを少しブラシアップします。2010年5月の最初の週でブラシアップします。

現在は、製品開発の業務です。これをしつつ、技術レポートを1本作成します。これは、顧客向けですが、一般的な内容の為、公開出来ます。後は雑務をして、終了します。

本日は、楽しみにしている「アイロンマン2」を観に行く予定です。多分、バンコクのエカマイ・メジャーで観ます。午後は大分、集中しなければなりません。

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 14:32Comments(0)製品

2010年04月30日

スパイス・パークにてオペアンプのスパイスモデルのご提供を開始

スパイス・パークにて、「オペアンプ」のスパイスモデルのご提供を開始しました。
日本企業を中心に359種類のモデル(2010年4月30日現在)をご提供致します。

スパイス・パークはこちらをご参照下さい。

オペアンプのスパイスモデルには、CMOSオペアンプのスパイスモデルも含まれます。
Bee Style: vol.013でご紹介しておりますが、CMOSオペアンプのスパイスモデルには
2種類あります。従来モデルと最新モデルですが、最新モデルの方は、従来モデルと
比較して、評価項目が2項目増えています。Bee Style: vol.013の目次をこちらに掲載
致します。

現在、スパイス・パークでは、55のカテゴリを準備しており、その内の14カテゴリ
が公開されています。

現在、ご提供しているスパイスモデルのカテゴリーは以下の通りです。

ダイオード
ショットキ・バリア・ダイオード
ツェナー・ダイオード
レーザー・ダイオード
LED
Junction FET
MOSFET
トランジスタ
ダーリントン・トランジスタ
IGBT
ボルテージ・リファレンス
ボルテージ・レギュレータ
シャント・レギュレータ
オペアンプ

他の41カテゴリーにつきましても現在、準備中です。

[セミナー情報]

2010年5月度

2010年5月28日(金曜日)14:00-16:00
「電源回路シミュレーション FCC回路方式編」のセミナー

2010年6月度

2010年6月9日(水曜日)14:00-16:00
等価回路モデリング技術
(WEBサイト準備中)

2010年6月11日(金曜日)14:00-16:30
「LEDのデバイスモデリング」のセミナー

上記セミナーも是非、ご参加下さい。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 11:35Comments(0)製品

2010年04月29日

お金をかけずに市場開発は出来るのか?

ベンチャー企業ですので、内部留保も無い。そして、資金も満足するほど無い。お金をかけずに、市場開発をするにはどうすれば良いか?早く、アイディアを生み出さなければならない。資金がふんだんにあれば、実行計画は直ぐにでもかける。

「お金をかけずに市場開発は出来るのか?」

これが直近の大きなテーマです。そんなことが出来るのだろうか?知恵と工夫で何とか出来ないのだろうか?ビー・テクノロジーは、研究開発型・市場開発型ベンチャーであり、運営も難しい。研究開発の方は、初期では相当、苦しんだ。研究設備が高価で買えず、自作をしていたのだ。

そういう感覚で、市場開発も出来るのだろうか?

来週1週間は、戦略策定の週であり、厳しい1週間になりそうです。

スパイス・パーク」いかに広めていくか?これが命題です。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 18:46Comments(0)市場開発

2010年04月29日

セミナー開催 LEDのデバイスモデリング

2010年のセミナー第5弾として、「LEDのデバイスモデリング」のセミナーを開催致し
ます。OrCAD PSpice Model Editorの評価版を使用し、LEDのデバイスモデリング
を体験し、LEDの評価シミュレーションを体験しながら、学習していきます。

LEDのスパイスモデルを活用して、周辺回路をSPICEシミュレーションで解析したい人
向けです。LEDは、パラメータ・モデルのダイオードモデルでモデリング可能ですが、
LEDの特徴でありますVFが一般ダイオードと比較すると高い点が上げられます。
また、温度により、VFも変化します。

特に、ビー・テクノロジーのお客様でもLEDのバックライトの制御回路のシミュレーシ
ョンを行う際に、LEDの低温のスパイスモデルのデバイスモデリング需要は高いです。

今回は3つのLEDモデルを作成します。常温のスパイスモデル、高温モデル、低温
モデルです。高温測定データ及び低温測定データはビー・テクノロジーで準備致します。
温度の異なるLEDの電気的動作についても体験出来ます。

ここで言う温度モデルとは、任意の測定データを使うモデリングの手法です。
XTIによる温度モデルのデバイスモデリング手法はありますが、再現性がありません。
XTIパラメータでは何故、再現性が無いのかも説明します。

今回のセミナーを通して、

(1)LEDのスパイスモデルが出来るようになる。
(2)LEDのスパイスモデルの評価シミュレーションにて、評価検証が出来るようになる。
(3)温度モデルの作成により、常温、高温、低温における電気的特性を知ることが出来る。

業務に直結する内容です。

少人数のワークショップ形式で実施致します。是非、ご参加下さい。

プログラム:

3つのデバイスモデリングを行います。

デバイスモデリング
1.順方向パラメータ
2.容量パラメータ
3.スイッチング・パラメータ

評価シミュレーション
1.順方向特性シミュレーション
2.接合容量シミュレーション
3.スイッチング特性シミュレーション

対象参加者:
LEDを用いてデザインをする方
LEDのスパイスモデルに関心があり、スパイスモデルを自分で作成したい方
LEDのスパイスモデルの評価方法を学習したい方
回路解析シミュレーションを体験したい方
抽出ツール(PSpice Model Editor)を体験されたい方

開催日:2010年6月11日(金曜日)14:00-16:30
場所:IAIJ会議室 
住所:〒105-0012 東京都港区芝大門二丁目2番7号 7セントラルビル4階 
地図) 
電話:03-5401-3851
定員:3名
持参:ノートPCにOrCAD Capture,PSpiceの評価版をセットアップしてきて下さい。
受講料:5,250円(消費税込み)
お申し込み先(メールアドレス):info@bee-tech.com 

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com   

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:57Comments(0)営業

2010年04月29日

セミナー開催 「電源回路シミュレーション FCC回路方式編」

2010年のセミナー第4弾として、「電源回路シミュレーション FCC回路方式編」のセミナーを開催致します。OrCAD Capture , PSpiceの評価版を使用し、FCC回路のシミュレーションを体験しながら、学習していきます。コンデンサのESR,ESLの影響も考慮しながら、シミュレーションをしていきます。少人数のワークショップ形式で実施致します。是非、ご参加下さい。

FCC=Forward Coupling Converter

プログラム:

1.FCC回路方式の概要
2.FCC回路方式のシミュレーションのポイント
3.回路図エディタで回路図入力
4.スパイスモデルを登録する
5.過渡解析
6.寄生素子の影響
7.ノイズのシミュレーション

対象参加者:
回路解析シミュレーションを体験されたい方
電源回路シミュレーションに関心のある方
FCC回路のシミュレーションのポイントを学習したい方

開催日:2010年5月28日(金曜日)14:00-16:00
場所:IAIJ会議室 
住所:〒105-0012 
東京都港区芝大門二丁目2番7号 
7セントラルビル4階 (地図) 
電話:03-5401-3851
定員:3名
持参:ノートPCにOrCAD Capture,PSpiceの評価版をセットアップしてきて下さい。
受講料:5,250円(消費税込み)
お申し込み先(メールアドレス):info@bee-tech.com 

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号:03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:54Comments(0)営業

2010年04月29日

Twitter

私のTwitterのIDは、beetech_bkk です。ここでは、日々のつぶやきをしています。こちらです。

今週一杯までは、タイのバンコクのラボであるSiam Bee Technologiesに滞在しております。今日は、日本は国民の祝日の為、集中して仕事が出来ています。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:37Comments(0)生活

2010年04月29日

販促ツール

現在、ビー・テクノロジーには幾つかの販促ツールがあります。これらを活用し、市場に対してアピールするわけです。

公式なWEBサイトは3つあります。

ビー・テクノロジーのホームページ
これは会社案内的な内容です。

デバイスモデリング研究所
このサイトは、技術的なトピックをリアルタイムで情報提供しています。

スパイス・パーク
スパイスモデルのダウンロード販売サイトです。日本版です。グローバル版は準備中です。

後は、メールマガジンです。これは、集客しやすい「まぐまぐ」を使用しています。
メール・マガジンでは、新製品情報、製品のアップデート、スパイス・パークの情報、セミナー情報のご提供であり、連絡事項を伝えたい一番、早い手段です。メール・マガジンはこちらです。

昨年から力を入れているのが、技術小冊子、Bee Style:です。これは、毎月1回、希望購読者に郵送しております。PDFで配信すれば、コストはかからないのに・・・。といわれそうですが、郵便で1ヶ月に1回配達することで、ビー・テクノロジーの事を思い出してもらいたい。と言う目的があります。この冊子の最新号は13号です。

後は、個別に作成する営業プレゼン資料です。これは場数が無いと作成出来ません。

これらの販促ツールを活用して、営業展開をしていきます。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:27Comments(0)営業

2010年04月29日

2010年6月のセミナー企画

営業活動には色々あります。対面の営業から、販促ツールを使った営業、そして、啓蒙活動も営業の一環です。

現在、2010年6月度のセミナーの企画案を纏めています。色々な場において、要望があるのは、等価回路モデルのモデリングの方法です。デバイスモデリング業務を主にするエンジニアにとっても、通常のパラメータモデルのモデリングから等価回路モデルのモデリングに移行する場合、技術面で大きな壁が存在します。この壁は、「創造性」で乗り越えられます。

しかし、お客様におきましては、このモデルに少しだけこの機能を組み込みたいと言う要望があります。それらは、ABM(アナログ・ビヘイビア・モデル)によって、モデリング可能です。簡単なデバイスを対象に、どのような考え方で、実際の等価回路モデリングのワークショップが開ければと思います。簡単なデバイスとは、「センサー」になると思います。5月初旬の連休中に詳細を考えて見ます。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 16:08Comments(0)営業

2010年04月22日

太陽電池分野


 



 















太陽電池分野にて、ビー・テクノロジーで提供可能なサービスです。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 11:15Comments(0)製品

2010年04月22日

諦めない

起業をするのは簡単です。誰でも出来ます。しかし、事業を具現化し、継続させる事は並大抵の事では無いと思います。色々な苦境が創業者を襲います。信頼出来るメンターが入れば勇気が出ます。ここで必要なスキルは、「諦めない」ことです。苦境が来た時点で諦めれば、そこで失敗し、退場です。諦めないで道を探せば、何らかの道が開けるかもしれないし、開けないかも知れません。

とにかく、諦めなければ、前進は出来ます。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 11:03Comments(0)必要なスキル