2012年06月11日

市場創出の試行錯誤続く

私には未だ、正直わからない。どうやって、「市場創出」を行うか?
東洋問わず、時代を問わず、創業者の本で学習しても、肝心な事は
書かれていないものです。時間とともに、市場創出がされるパターン
だと、キャッシュが持たない。マーケティング費用を費やし、広告宣伝費
にまわすキャッシュも無い。たとえ、あったとしても、それで市場創出
されるかどうかわからない。

試行錯誤を物凄いはやさで、行い、PDCAを繰り返すしかない。
ここに必要なのは、創意工夫と知恵しかない。

1つ追い風なのは、インターネットがあり、Googleの検索エンジンが
あり、ソーシャル・ネットワークも活用できる点だ。しかし、世の中の
人、みな、これらを活用するので、埋もれてしまう。

結局、わからないまま、試行錯誤が続く。制限時間は、キャッシュが
あるときまで。ということです。

正直、未だ、わからず。でも、前に進むしかありません。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 23:54Comments(0)起業のスキル

2012年06月11日

折れない心を持とう

私はハイテク業界、半導体業界、自動車業界に身を置いているので、これから起こることは大体わかる。
自動車業界はもう少し持ちますが、日本において、ハイテク業界、半導体業界は危うい。しかし、世界的
需要は増加している。プレイヤーが移ったとしか言えない。

これから、自分の意思とは無関係に起業しなければならない方が前者、2つの業界で増えていくと思う。
10年前を振りかえって、起業に関して、記載していきたい。

私の場合、若く、無知で、10年前、怖いもの知らずで、ベンチャーの世界に飛び込んでしまいました。今、
もう一度、やれと言われたら、もう一度、やるかどうかはわかりません。

とにかく、起業する場合、経営資源、云々よりも、精神論が多くを占めます。特に、最初は、事業計画を
描き、人に説明します。第三者です。いろいろな意見、指摘が返ってきます。

私が経験した中では、

「そんなの1つも売れるはずがない」

「そんなことができたら、誰も苦労しない」

とにかく、否定的な返答がほとんどです。

ここで、必要なことは、「折れないこころ」を持つことです。ただし、謙虚にはなるべきですが、そのステージ
で謙虚になれと言われても、なれないと思います。私がそうでした。とにかく、熱く、世の中を変えてやると
いうくらいで、スタートはちょうど、良いと思います。

最初は、とにかく悲観的な評論家がほとんどです。まずは、強い心を持つことです。  
タグ :折れない心

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 23:34Comments(0)起業のスキル