2017年11月23日

ダイオードの特性シミュレーションにおけるPSpiceとLTspiceの比較




PSpiceとLTspiceの比較(ダイオードの特性シミュレーション) from Tsuyoshi Horigome



ダイオードの特性シミュレーションにおけるPSpiceとLTspiceの比較です。

シミュレーション結果は同等です。



下記のシミュレーションを行いました。



順方向特性シミュレーション

接合容量シミュレーション

(過渡解析後、軸変換を行い、関数をトレース)

逆回復特性シミュレーション



ダイオードに関する技術的資料はこちらからご参照下さい。



ビー・テクノロジー

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 11:57研究開発

2017年07月19日

太陽電池と電気二重層キャパシタの組み合わせ

エナジーハーベスティングの仕事が多い。今までは、太陽電池とリチウムイオンポリマー、リチウムイオン電池とEDLCの
ハイブリッド回路であったが、負荷回路の工夫(間欠動作)等で太陽電池と電気二重層キャパシタでいけそうである。

1つのプロジェクトでうまくいった。

もう1つのプロジェクトで実証実験中である。

太陽電池と電気二重層キャパシタの組み合わせのアプリケーション回路も確立した。

案件によるが、この組み合わせを積極的に展開していこうと思う。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 13:33研究開発

2016年08月11日

LTspiceを活用した水晶振動子のシミュレーション




水晶振動子のシミュレーション from Tsuyoshi Horigome



LTspiceを活用した水晶振動子のシミュレーションの事例です。

周波数特性が検証できます。



堀米 毅

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 12:39研究開発

2016年02月16日

LTspiceを活用したステッピングモーターのシミュレーション




Clock Controlled Unipolar Stepping Motor Driver TB67S149FTG (Device Modeling Report) from Tsuyoshi Horigome





LTspiceを活用したステッピングモーターのアプリケーション回路シミュレーションの

ご紹介です。



ステッピングモーターのドライバIC、TB67S149FTGのLTspiceモデルとアプリケーション

回路のシミュレーションデータを下記URLから配信しております。



http://www.marutsu.co.jp/pc/i/593537/



LTspiceで動作検証を行い、実機で評価ボードにて評価検証ができます。



是非、一度、お試し下さい。



ビー・テクノロジー
  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 09:43研究開発

2015年08月13日

SiC SBDの等価回路モデルの影響度合い
















ショットキバリアダイオードの逆特性を考慮した等価回路モデル

の影響度合いについて調査中です。



FCC回路

誘導負荷回路



上記2回路におけるアプリケーション回路にて検証しました。

対象としたショットキバリアダイオードはSiCデバイスで

「TRS10A65C」になります。



逆特性の優位性はPFC回路の連続モードで発揮するとも

言われています。



次は、PFC回路の連続モードでの回路シミュレーションに

「TRS10A65C」を組み込み、検証します。



ビー・テクノロジー

堀米 毅 (Tsuyoshi Horigome)


お問い合わせはこちらからお願いします。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 12:05研究開発

2015年08月11日

TRS10A65C(東芝)をFCC回路に採用




TRS10A65C(SiC SBD)を活用した FCC回路シミュレーション(回路定数の最適化) from Tsuyoshi Horigome

東芝のSiCショットキバリアダイオードTRS10A65Cを採用した

FCC回路設計です。回路図は二次側になります。



今回の場合は、回路定数の最適化がメインになります。



ビー・テクノロジー

堀米 毅 (Tsuyoshi Horigome)


お問い合わせはこちらからお願いします。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 12:34研究開発

2015年06月09日

アモビーズのSPICEモデル




東芝マテリアルのアモビーズのSPICEモデルが東芝マテリアルのサイトからご提供されました from Tsuyoshi Horigome



https://www.webcom.toshiba.co.jp/tmat/jpform.php#sample



上記のURLから東芝マテリアルのアモビーズのSPICEモデルが

入手できます。



アモビーズのSPICEモデルを活用すると、ノイズ対策においての有効性

がシミュレーションで検証できます。



ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 11:51研究開発

2015年04月14日

Raspberry Pi 2 Model B


Raspberry Pi 2面白いボードです。というか、コンピュータです。
このボードを活用して、ロボットを製作したいと考えています。

センサーとモータ制御がメインになります。

制御を行うためには、Pythonというプログラミング言語を使います。

SPICEも使ってみようかな。

やることは盛り沢山ですが、具現化することは楽しいことです。

堀米 毅
  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 18:25研究開発

2015年04月09日

PSpiceを活用したNTCの抵抗分割回路シミュレーション






PSpiceを活用したNTCの抵抗分割回路シミュレーションのご紹介です。

シミュレーションの手順については、上記の資料をご参照下さい。



シミュレーション事例は、下記の動画で確認下さい。







ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 12:44研究開発

2015年04月07日

NTCのSPICEモデルの作成方法






NTCのSPICEモデルの作成方法について公開します。

事例は、PSpiceです。パラメータの数値を変更すれば、

NTCのサーミスタのSPICEモデルが作成できます。



解析事例は下記の動画をご参照下さい。







ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 15:11研究開発