2017年07月19日

2017年7月28日開催 Arduino+Processing入門セミナー開催のご案内

2017年7月28日開催 Arduino+Processing入門セミナー

●講  師:堀米 毅 氏
●日  時:7月28日(金)13:30~16:00
●場  所:マルツエレック本社(東京本社)【MAP】
      千代田区外神田5丁目2-2 セイキ第一ビル7F
●料  金:10,000円 (税別) 
●定  員:7名
———————————————
Arduino+Processing入門セミナー
【概 要】
   実習を通じて、ArduinoとProcessingの基礎を学習していきます。
 Arduinoでセンシングを行い、Processingにて、GUIを作成し、データの視覚化を行います。
 これらはIoTシステムのプロトタイピングとして有効です。
 ArduinoとProcessingには親和性があり、Arduinoのプログラミング知識が活用できます。

【セミナー内容】
(1)Arduinoの基礎
(2)Arduinoの実習
(3)Processingの基礎
(4)ArduinoとProcessingの連携
(5)GUI実習

【対象者】
・Arduinoの基礎を理解したい方
・システムにArduinoを採用したい方
・Processingの基礎を理解したい方
・ArduinoとProcessingの連携と検討中の方

【当日 持参していただくもの】
(1)ノートPC

開催日までに下記のソフトウェアのインストールをお願い致します。

Arduino IDE
https://www.arduino.cc/en/main/software
Processing
https://processing.org/
なお 当日セミナー開場でのインストールは出来かねますので予めご了承ください。

(2)Maruduino UNO R3 または Arduino UNO R3秋葉原本店及秋葉原2号店店頭でもお買い求めできます)
(3)ARDUINOとPCを繋げるケーブル(USBTypeA-TypeB)
———————————————
●お申し込み方法
必要事項(ご希望の講座名と開催日・参加者のお名前・住所・電話番号・eメールアドレス)を
いずれかの方法でお知らせください。
・下記「お申込みはこちらをクリック!」ボタンより申し込みフォームへリンクします。
ご希望の講座を選択して必要事項をご記入・ご確認のうえ送信して下さい。
ご記入いただいたメールアドレスへ自動送信にて確認メールが送られます。
お申し込みはこちらからお願いします。
・お申し込みフォームがご利用になれないお客様は
メール <makelab@marutsu.co.jp > またはFAX:03-5289-0003まで
上記必要事項を明記して送信してください。
折り返しメール等にて受付確認のご連絡を差し上げます。

●ご連絡先
marutsu make lab[マルツ秋葉原2号店]
TEL :03-5289-0002
FAX :03-5289-0003
MAIL:makelab@marutsu.co.jp
  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 12:46市場開発

2017年01月10日

2017年の需要分野について


2017年は、上記4つの市場を中心に考える。

堀米 毅
  
タグ :需要分野

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 17:38市場開発

2015年04月02日

SPICEモデルのフリーモデルのサイトを開設






SPICEモデルのフリーモデルのサイトを開設しました。

こちらからご参照下さい。



ビー・テクノロジー

堀米 毅



お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 18:55市場開発

2015年03月30日

LTspice入門講座を無償でご提供中(ビー・テクノロジー)

本日は、LTspice入門講座のご案内です。現在、マルツエレックにて、
無償公開中です。

下記のURLからご参照下さい。

http://www.marutsu.co.jp/pc/static/tech/index#spice

今日現在で16講座を準備しています。

テキストと実習用のシミュレーションデータがセットになって
いますので、体験しながら、学習できます。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

SPICE入門講座の連載をスタートします
LTspiceを活用した微分回路シミュレーション
Tspiceを活用したトランジスタの基本特性シミュレーション
LTspiceを活用したトランジスタのスイッチングシミュレーション
LTspiceを活用したトランジスタの比較シミュレーション
LTspiceのPWLとスイッチの使い方~任意の電気的動作を再現する方法
LTspiceを活用した整流回路シミュレーション
LTspiceにおける結合係数Kの活用方法について
太陽電池のスパイスモデルの基礎
LTspice入門:影の影響を考慮した太陽光システム(直列接続構成)シミュレーション
LTspice入門:影の影響を考慮した太陽光システム(直列並列接続構成)シミュレーション
ABM(Analog Behavioral Modeling)による加算回路の表現
ABM(Analog Behavioral Modeling)による減算回路の表現
ABM(Analog Behavioral Modeling)によるテーブル表現
ABM(Analog Behavioral Modeling)による伝達関数の表現
ABM(Analog Behavioral Modeling)による遅延回路の表現

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

来週以降もどんどんコンテンツがご提供されます。

この機会に、LTspiceを活用しませんか?

LTspiceはフリーのSPICEシミュレータです。


ビー・テクノロジー
堀米 毅


お問い合わせはこちらからお願い致します。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 17:24市場開発

2013年03月27日

二次電池シミュレーションを中心としたセミナー開催を企画中







SPICEを活用した二次電池を中心としたセミナー開催を

準備中です。PSpice、LTspiceが中心になりますが、
汎用SPICEでも活用できます。



株式会社ビー・テクノロジー

堀米 毅

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 15:24市場開発

2013年03月06日

英語版の製品のラインナップを作成




Products of Bee Technologies (06MAR2013) from spicepark



ビー・テクノロジーの製品のラインナップの英語版を作成致しました。

現在は、支払方法もPAYPALが利用できるため、世界中の人々を
相手に商売が出来ます。システム的には可能ですが、まずは、世界

の回路設計者を相手にするため、認知される必要性があります。



まず、一歩として、英語版の製品のリストを作成しました。



一応、英語版のサイトもありますが、まだまだ、コンテンツ不足です。



これが今日の現状。

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 17:06市場開発

2013年01月22日

回路設計者の仕事とは




回路設計者の仕事 from Tsuyoshi Horigome



ビー・テクノロジーのお客様は下記の業界がメインになります。



電子機器メーカー

自動車メーカー

電子部品メーカー



特に、電子機器メーカー、自動車メーカーの回路設計者がお客様に

なります。回路設計者の仕事を大雑把にまとめた資料が上記です。



回路設計者に役立つ製品、サービスをお客様にご提供するのが、

ビー・テクノロジーの仕事になります。小信号の回路設計者から

パワー・エレクトロニクスの設計者まで基本は同じです。



お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
メールアドレス:info@beetech.info

  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 10:29市場開発

2012年08月06日

2012年10月度デバイスモデリング計画


2012年10月度デバイスモデリング計画

2012年10月度のデバイスモデリング計画は、SiC SBDのスパイス
モデル
のライブラリを強化致します。SiCデバイス、特に、SiC SBD
のスパイスモデルの活用のニーズが増えてきました。これに対応する
ものです。これらのスパイスモデルは、スパイス・パークでご提供いた
します。

[お問い合わせ先]
株式会社ビー・テクノロジー
電話番号: 03-5401-3851
メールアドレス:info@bee-tech.com  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 17:10Comments(0)市場開発

2012年08月04日

LTspiceにおけるパラメータモデルの取り込み方




パラメータモデルの取り込み方(LTspice)

LTspiceにおけるパラメータモデルの取り込み方の考え方を

纏めました。マインドマップを描くソフトでパワーポイントのファイル

に自動生成してくれる昨日があります。それを使用し、生成した

ファイルです。

[お問い合わせ先]

株式会社ビー・テクノロジー

電話番号: 03-5401-3851

メールアドレス:info@bee-tech.com  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 13:46Comments(0)市場開発

2012年07月27日

市場開発はアイディアしだい

市場開発は研究開発及び製品開発同様、大変な仕事です。昔と比較すれば、
楽になった分、世界中の人も同じポジションなので、やはり、難しいお仕事です。

インターネットがなかった時代に比べれば、情報の伝達コストは格段に下がって
います。でもこの状況は、世界中の人、みな、同じです。インターネットを駆使し
ても、インターネットの海に埋もれてしまいます。

だから、アイディアしだいです。昔よりもマーケティングは楽だと言う方も多いで
すが、どうなんだろう。アイディアを試して、駄目だったら、引っ込めての繰り返し、
そのサイクルを早くしないと、ベンチャー企業の経営は大変です。

「時間」=「キャッシュ」

ですので、時間との勝負でしょう。

とにかく、試行錯誤の時間を稼ぐ。と言う事です。  

Posted by 株式会社ビー・テクノロジー at 23:40Comments(0)市場開発